背中ニキビの市販薬

背中ニキビに効果がある市販薬ってあるの?

背中ニキビは、ひどくなったら皮膚科の病院に通わないと治らないってよく言われます。

 

でも、仕事が忙しいときは、ニキビの治療のために会社を休んだり早退するのは、ちょっと勇気がいりますよね?
できれば、薬局で市販薬を買ってすませたい人も多いはず。

 

 

でも、顔ニキビ用のお薬って、背中のニキビにも効果があるのかな?それとも、背中ニキビ専用の市販薬があるのかな?って悩みますね。

 

 

顔ニキビ用のお薬は、背中のニキビにももちろん効果がありますが、背中ニキビ用の市販薬もあります。
背中ニキビ用の市販薬には、どんな種類があってどんな商品があるのか、また、どんな成分が含まれているかなど、くわしくご紹介します。

スプレータイプのお薬

背中のニキビは、顔ニキビとちがってケアがしにくいのが大きな悩みの種。
クリームタイプの塗り薬だと、ニキビの場所によっては手が届かなかったり、うまく塗れない場合もあります。

 

そんな人には背中ニキビにぬりやすいスプレータイプのお薬がおススメです。

 

代表的なお薬は、セナキュア(小林製薬)、メンソレータム アクネス25 メディカルミスト(ロート製薬)、それぞれ

 

セナキュア(小林製薬)

 

  • サリチル酸:0.5g
  • エタノール:22.84g
  • アラントイン:0.2g

 

メンソレータム アクネス25 メディカルミスト(ロート製薬)

 

  • イソプロピルメチルフェノール 0.3%
  • アラントイン 0.2%
  • サリチル酸 0.5%

 

いずれも第2類医薬品です。

 

 

使い方はどちらも同じで、容器を逆さにむけて背中―にスプレーするだけ。
手が届きにくくて範囲が広い背中には、スプレータイプって使いやすくてうれしいですね。

 

 

「アラントイン」には炎症をおさえる作用があり、「サリチル酸」には角質をやわらかくする作用があります。

 

そして、エタノールやイソプロピルメチルフェノールには殺菌作用があります。
どちらも赤く腫れてしまったニキビを治すのに必要な成分です。

 

 

また、「メンソレータムアクネス25」は、顔にも使えると書かれています。

 

ただし、顔に使うときは直接スプレーしないで、手にとってからニキビに塗りこみます。
万がいち目に入ると、危険な成分が含まれているからです。

塗り薬

背中ニキビ専用ではありませんが、クリームタイプのニキビ用塗り薬はたくさんあります。
患部にしっかりと塗りこめるので、手が届く位置ならクリームタイプのほうがおすすめです。

 

よく売れている人気の高いお薬をいくつかあげると、

 

  • ペアアクネクリームW
  • クレアラシル ニキビ治療薬クリーム
  • フレッシングアクネクリーム

 

このほかにも、たくさんのニキビ用市販薬があります。

 

 

また、効果に「ニキビ」と書かれていなくても、湿疹や皮膚炎に効くお薬はニキビにも効果があります。

 

たとえば、オロナインH軟膏などがそうですね。

 

 

なかなか病院にいく時間がとれない人は、まずは市販薬を使ってみるのもおすすめです。
ニキビは放置しているとどんどん悪化します。

 

 

赤みが気になったら、早い段階で市販薬を使うことで、ニキビの悪化を食い止めることができます。
人気の高い商品のレビュー投稿を見ると、効果があってニキビが治ったという人もたくさんいますよ。

 

 

お薬の効果を最大限に発揮するには、お肌の状態をととのえてから薬をぬること、お風呂上りなど肌がきれいで皮膚がやわらかいときに塗るのがおすすめです。

市販薬でも効果があったりなかったり

背中ニキビの市販薬で効果があった人ももちろんいますが、効果がない人もいます。

 

私もしばらくは背中ニキビの市販薬を使ってみましたが、全く効果を感じなかったのでジッテプラスという背中ニキビジェルを使い始めました。

 

まずは市販薬を試して、ダメだったらジッテプラスという私と同じ流れでいいかもしれませんね。

 

キャバ嬢が背中ニキビに使ったジッテプラスの効果体験談!